会議を効率化する為のたった3つのポイント

仕事術
スポンサーリンク

会議を効率化する為のたった3つのポイント

仕事をする上で、会議は毎日のように行われています。

自信を持って効率的に運営が出来ていると宣言出来る人はどれくらいいるでしょうか。

きっと、改善の余地はありそうだけどどうしたら良いかわからない。

古くからの慣習をベースに運営しているので、今からやり方を変えるのは難しそう。

というように、モヤモヤしながらも具体的な改善が出来ていない人が少なくないのではないでしょうか。

これまで、会議のやり方やテクニックについて、いくつか紹介した記事もありましたが、今回は、今やっている会議を少しでも効率化し、生産性を高くする為のポイントを紹介していきたいと思います。

会議の生産性が低くなる理由

まず、会議の生産性が低くなる理由についていくつか代表的なものを3つ解説付きで、そしてその他いくつかの原因を紹介したいと思います。

1.何を決める場なのかが明確でない

ゴール設定が出来ていないということですね。こういう会議、めちゃくちゃ多いです。

「とりあえず集まろっか」みたいな。

集まっただけで何となく仕事をしている風の気持ちになれるのがいけませんね。しかも会議が終わって何が決まったかも不明な状態で、

Aさん「おっと次の会議が入っているのでこれにて。」

Bさん「お忙しいようですなぁ」

Aさん「いやいやBさんほどでは無いですよw」

なんて承認欲求を満たしあってるんだから目も当てられないですよね。

2.声の大きい人、発言を沢山する人の独演会状態となっている

これまたよく見かけるパターンです。年長者や役職の上の人がお喋りな時にこれに陥ることが多く、参加者は独演会が終わるのをジッと待っています。

が、結局時間切れで「ありがたい風の話は聞けたけど何だったんだっけ?」となるパターンですね。

ファシリテーターが居ても、その権限が明確でない場合や、遠慮がちな時にも良く発生します。

独演会を開いている人は自分の喋りたいことだけが気になって、全体的な会議の位置づけとしても自分が喋っている内容が迷子になってしまうこともしばしばあります。

ちなみに会議中、存在感を出す為だけに参加している愉快犯もいるので気を付けましょう!

会議で「こいつデキるな」と思わせるたった2つのポイント
ゾンビさん 毎日毎日会議ばっかりで疲れます。 セロタイ わかりみが凄い。たまに「会議をする為の会議をする為の事前会議」とかもあるもんなぁ。 ゾンビさん ...

3.ファシリテーターがいない。もしくはド下手

ファシリテーターが任命されていない会議が数多く存在します。

もしくは、ファシリテーターが存在していても、会議運営の為の必要権限が全然与えられていない場合や、そもそもファシリテートする技術を保有しておらず、進行がド下手なパターンもありますね。

「ファシリテーターって時間管理するだけちゃうん?」と、大きく勘違いしている人も多いのが現実ですね。

その他

その他には、

・会議に必要のない人が参加している

・会議の意思決定等に必要な人が参加していない

・時間設定が無駄に長い

・そもそも情報共有なので会議自体が無くてよい内容

・資料の記載内容に簡単なミスが多く、内容が入ってこない

・時間は延びるものだという前提でダラダラ進行する

・議題ごとの時間配分が決められていない

・意思決定会議なのに議論や検討をしようとしている

・無駄話が長い

・アジェンダが無い

などが存在します。

会議を効率化する為のたった3つのポイント

たったと言いつつ、5つもあるのかと思いますが、今回は「今やっている会議のやり方を大きく変えずにすぐに実践できるもの」に絞って紹介していきたいと思います。

一般的には、「事前に資料を配布して参加者に目を通しておいて貰い、参加してもらう」や、「TV会議システムを導入する」など、他にもいくつか紹介されているものもあると思いますが、導入ハードルが少し高いものは対象外としています。

1.会議の目的とゴールを明文化して渡す

明文化が一番大切です。「こんなものは毎回暗黙的に出来てるし!」と反論があるかもしれませんが、明文化しているとしていないとではその効果に歴然の違いがあります。

出来ればA4一枚の紙に「会議名、議題1内容、議題1ゴール、議題2内容、議題2ゴール・・・」が書かれているのが理想です。これを準備しておく副次的な効果として、議事録が書きやすくなります。

なお、ゴールの意思決定方法については以下の記事でも紹介しています。

会議で意思を統一する方法
会議で意思を統一する方法 前回の会議で決まったはずなのに 効率の良い会議の仕方について、今回は「意思の統一」について紹介していきます。会議は何度か繰り返されることが多いですが、前回決まったと思ったのに何故か話が振り出しに戻っていたり、決...

2.ファシリテータはファシリテートに専念させ、権限を与える

ファシリテート技術は色々と書籍が出ていたり、色々なサイトで紹介もされていますが、議論に参加しながらこれを実践するのは実はかなりハードルが高いです。

具体的には、

1.場のデザインのスキル ~場をつくり、つなげる~

2.対人関係のスキル ~受け止め、引き出す~

3.構造化のスキル ~かみ合わせ、整理する~

4.合意形成のスキル ~まとめて、分かち合う~

というものが存在しますが、これは

日本ファシリテート協会のサイト

や、以下のような関連書籍でも紹介されているので、興味があれば調べてみて下さい。

ファシリテーション入門〈第2版〉 (日経文庫) | 堀 公俊 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで堀 公俊のファシリテーション入門〈第2版〉 (日経文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。堀 公俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またファシリテーション入門〈第2版〉 (日経文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今回のポイントは「専念させる」「権限を与える」です。

専念は先ほど言った通りですが、次の「権限を与える」も非常に重要です。

話が脱線した時に「脱線しているので話を戻します。」「今回の議題に沿ってポイントを絞って意見を言ってもらえますか?」など、独演会を開いてしまっている人の話の腰を折る必要があるので、その権限を明確に貰っているというお墨付きを与えてあげる必要があるのです。

指摘された方からすると、ちょっと気分が良いものではないですからね。

この辺りは、

「今日はこの子がファシリテーションするからみんないう事聞くこと!」なんていう風に、会議の最初のアイスブレイクの中に要素として盛り込んでも良いかもしれませんね。

お堅い会議でも使えるNo.1アイスブレイク手法はこれだ。
お堅い会議でも使えるNo.1アイスブレイク手法はこれだ。 アイスブレイクはコミュニケーションを円滑にするための手法です。今回はアイスブレイクを知り、そしてお堅い会議でも使える実践的なNo.1アイスブレイク手法を紹介します。 ポイントは「...

3.会議時間の半分、3/4時点、10分前に声を掛ける

これ、意外と効果が絶大なんです。ついつい時間が超過してしまいがちな会議ですが、この声掛けをすることで、議論を発散から収束にメンバーの意識を向ける事が出来ます。

無理やり意味のない結論付けをするのは良くありませんが、「時間を守る」は何においても基本ですからね。

なお、10分前からは議論をせず、ゴール達成の状態と、ToDoや申し送り事項の確認に時間を割くのがベストです。こうすると議事録が書きやすくなるという効果もあります。

会議のやり方次第で前後の仕事の生産性も変わる

セロタイ
セロタイ

会議ってマジで改善余地がめっちゃあるよね。

ゾンビさん
ゾンビさん

会社人間って、会議好きですもんね。

セロタイ
セロタイ

仕事した気になるからいけないんだよ。会議参加者は「私は今成果物を生み出していません」って名札でも着けながら参加すればいいんじゃないかな。

ゾンビさん
ゾンビさん

流石にそれはやりすぎじゃないですかね!

セロタイ
セロタイ

そうかなぁ。じゃあそれを決める為の会議を開こっか!

ゾンビさん
ゾンビさん

そういう所!!

会議のやり方の工夫による効果は、会議時間の短縮だけに留まりません。資料などの事前準備で必要となるものが明確にもなりますし、会議後のタスクが明確になり、仕事そのものの生産性が上がると言って良いでしょう。

先進的な企業も会議のやり方は日々改善していますね。例えばAmazonなんかは無言会議を推奨していたりもします。

活発な議論を求める会議は時代遅れ。最強の無言会議について
セロタイ まだ会議で喋っているの? ゾンビさん 突然でよくわかんないですけど、会議は喋る場じゃないですか セロタイ まだそんな時代遅れなこと言って...

生産性の向上を目指すなら、会議の改善は切っても切り離せない内容ですね。

なお、議事録を書く上でのポイントは以下の記事で紹介しています。

議事録を書く人が必ず知っておくべきポイントとコツ
議事録を書く人が必ず知っておくべきポイントとコツ 議事録は書いたことがありますか? 議事録と言えば、社会人になって最初に先輩や上司からレビューを受けるドキュメントだったという人も多いのではないでしょうか。社会人であればどんな業種であれ、...

コメント